2022年4月18日

ランサムウェア攻撃は、「もし」から「いつ」の問題にベリタスの

ランサムウェア対策ソリューション

経済産業省や厚生労働省から、企業や医療機関への注意喚起が発信されているように、ランサムウェアをはじめ

としたサイバー攻撃の脅威が高まっています。ある調査では、グローバルでは、「11秒に1回、どこかの組織が

ランサムウェア攻撃を受けている」、「42%の組織がランサムウェア攻撃を受けたことがある」という結果も

あります。日本でも、情報処理推進機構(IPA)の調査「情報セキュリティ10大脅威2022」では、「ランサム

ウェアによる被害」が1位となっており、対策の必要性が高まっています。しかし、残念ながら、侵入や感染を

100%防ぐことは難しく、またバックアップシステム自体を対象として攻撃されることもあります。

 

 

 

 

ベリタスのNetBackupは、ランサムウェア攻撃の対策として必要な要件を満たす統合データ保護ソリューションです。従来のオンプレミスや、パブリッククラウド、SaaS上のデータまで統合的に保護することが可能で、バックアップデータの異常を検出、高速で柔軟に回復する機能を単一のプラットフォームで提供しています。

最新のNetBackup 10では、AIベースの異常検出機能がさらに強化され、マルウェアのスキャンニングを自動で開始できるようになり、クリーンデータを迅速に復元します。また、データ管理ではコストが課題になることがありますが、強化されたマルチクラウドストレージとティアリング機能によって、バックアップストレージのコストを最大95%削減します。

ベリタスは、今後もさらにNetBackupを進化させ、自律的なデータ保護・管理プラットフォームを提供していきます。

-「11秒に1回、組織がランサムウェア攻撃を受けている」:ランサムウェアの世界的な被害額は、2021年までに200億ドルに達すると予測(cybersecurityventures.com)

-「42%の組織がランサムウェア攻撃を受けたことがある」、「セキュリティ対策が追い付いていないと認識している組織は64%」、「データ損失した場合、復旧できない企業のデータは20%」、「38%, ランサムウェア攻撃により5日以上業務を中断」:ランサムウェアレジリエンスレポート 2020年9月に ベリタス依頼によるWakefield Research社によって、日本を含む21ヵ国2,690名のシニアITプロフェッショナル、エグゼクティブを対象に調査を実施

-「#1, Eメールによる攻撃が最も多い方法」:医療機関の9割が過去1年間に電子メールベースの攻撃を受けたことがある(hipaajournal.com)

-「ユーザー一人当たりの身代金額1万ドル」:Intermedia 社『Ransomware 101: What your business needs to know about ransomware attacks (ランサムウェア 101: ランサムウェア攻撃について知っておくべきこと)』